お問い合わせはコチラ

182008/04

DJ KOZO – Q&A -

Q. 初めてのDJは?
A. 1998年4月 (神戸)

Q. 何年ぐらいしている?
A. 13年 (2011年11月現在)

Q. どんなところでDJしたことがありますか?
A.  神戸・大阪・姫路・岡山・東京

Q. DJになったきっかけは?
A. 1998年の冬に自分がお客で行っていたラテンパーティー(当時はサルサ
   パーティーと呼んでいました)が店舗の移転改装のため閉店し、自分達の
   遊び場がなくなったので「じゃー、自分たちで遊び場を作ればいい」ということ
   になりました。その当時の遊び仲間数人とパーティーを立上げました。
    その当時の遊び仲間リーダーが「OOちゃんはチラシ係」みたいに勝手に決め
    ていって「こうちゃんはDJね」と言われてやることになりました。

Q. DJしていてよかったと思うことは?
A. やっぱりみんなが楽しそうに踊っていたり、お酒を飲んだりとか楽しそうに
   時間を過ごしてるなと感じられると嬉しいし、「楽しかったよ」って言われると
   やっててよかったなと思います。

Q. 一番思い出に残っているパーティーは?
A. Swing Latino in Balihai (大阪)
    当時の衝撃は今でも忘れられないです。全身身震いしました。
    そころは今よりもっと関西にラテン人が多くて、今のバリハイより日本人が
    少なくて、ほんまに外国でした。さらにラテン人比率が高いから盛り上がりも
    半端じゃなかったです。私が見たのはそれでもバリハイが始まって多分1か2年
    たったぐらいだったと思うのですが、その当時はDJをはじめたところだったので
    いづれかこんなところでDJできたらいいなーと思っていました。

Q. 一番記憶に残っている曲 は?
A. La Quiero a Morir (DLG)
    この曲は私のDJの原点です。
   当時私は大学生で、サルサもまだ広まってなく、ひとりでも知り合いが
   できればと思って学園祭で1人でイベントをしました。そこでひょっこり
   覗いてくれて友達になっていったのが、パーティーに一緒に行く友達が
   増えた原点でした(その友達でパーティーを立ち上げたんですけどね)。
   そのメンバーたちと一緒に2年目の学祭で一緒にイベントした時に、
   スペイン語学科のスペイン人の先生がベネズエラ人の男性と結婚した
   ばかりで私たちの前にあわられました。そして、結婚記念というかお祝い
   でこの曲で二人に踊ってもらったんです。それも二人はサルサが好きで
   特にスペイン人先生が大好きで、この曲が大好きと踊り終わってから
   聞いて、さらにびっくりでした。あの感動というか情景がDJの原点だと
    今振り返ってもそう思います。

Q. 一番好きな曲は?
A. Lloraras (Oscar D’ Leon)
   かなやっぱり。これがないサルサ界なんてありえないというか想像できない。
   この曲がないとここまでサルサ界が大きくなってないと真剣に思えるぐらい。

Q. どうやって選曲してるの?
A. 文章に書くのは難しいんだけれど、沢山CDがあってもこの曲の次は?って
   考えると候補って1曲とか2曲が普通で多くて3曲ぐらいしかでてこないものです。
   調子がいいというか全体の流れをしっかり掴んでいる時は「この次はこれ」みたい
   に1曲、それもこれしかないという感じで選ぶんですよね。
   伝わるかどうか分かりませんが、ストーリーを描くような感じなんです。

Q. DJしてみたいところは?
A. 東京・福岡・名古屋・沖縄・
   アメリカ(ロス:西海岸・マイアミ:フロリダ・ニューヨーク:東海岸)
   ヨーロッパ(パリ・ロンドン・ローマ・マドリード・ベルリン)
   南アメリカ(ボゴタ・バランキージャ・リマ・カラカス)
   日本中と世界中

Q. DJしてて大切にしていることは?

A. 「みんなが楽しめるというのはどういうことなのか」ということを常に考えています。
   パーティーは一瞬一瞬と全体の流れという相反するものがすごく大事になって
   きます。新鮮な気持ちを忘れず、そして枠にとらわれず常に新しいことに
    チャレンジしていくことを心がけています。
440 / 443« 先頭...439440441...最後 »

コンテンツ

イベント情報

DJ ANDYとDJ KOZOが主催するイベント情報!

ムービーギャラリー

今までのイベントの模様をムービーでチェック!